03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ボイスチャットは基本使いません 

ArcheAge関連のツイッターやblogでボイチャ導入必須みたいなギルド募集を見ますが、
自分がArcheAgeで今後ギルドを作る際はボイチャに関しては基本使用しない方針でいく予定です。


以前リネ2で同盟単位でボイチャしながらやってたんですが
当然みんながみんなボイチャに参加しているわけじゃありませんからゲーム内チャットも当然流れます。


ギルマス的にはゲーム内チャットには常に気を配っていたいわけで
スカイプとチャット

どちらも100%の気の配り方って正直私には無理でしたので
次からは基本無しにしようと思いました。


ギルド員同士の個人的な使用に関しては制限しませんが、
ギルドとして日常使用しますみたいな雰囲気にはもっていかないようにしようと思います。



ギルドとして使うことがあるとすれば例えばギルド単位の集団戦時に

指揮役だけ喋る
各PTLが指揮役の指示をチャットで伝える


といった感じの運用はあるかもしれない程度かな。



いや、しかしやっと明日で6月10日かぁ…ファミリーテスト終わってからの時間が長かったw
明日の発表は恐らくはCBの募集開始でしょうか。


ここ最近、繋ぎにTERA再開してみても、
「馬が2人乗り出来ない」とか「ここグライダー使ったら登れるのに」とか、
「この樹切れないのか」とかAAで当たり前に出来たことが出来ないと何だかムズムズしていたので、


日本サービスの新たな動きがあるのは嬉しいですね。



↓個人的FT回想
FT中に印象に残った出来事を思い出したので書いてみます。


あれはヌイア大陸に有志達による桜並木ができていた頃だったでしょうか


私は敵地に乗り込んで、狩り中の人を見つけては近付いてわざと範囲攻撃に巻き込まれる
→FPKという方法で敵国人に攻撃を仕掛けていました。


そんな感じで獲物を探して馬を走らせていると、
どこかの住宅地で同じく騎乗した敵国人に出会いました。


相手の職は名誉騎士。


私は彼に近付き、馬をおりました。
すると彼も馬をおり、数秒の後、開戦。


騎士vs騎士。


言葉は通じなくても、わかるもんですね。
結果は私が負けてしまいましたが、あの戦いは楽しかった。


本人が見ている可能性も覚えている可能性も少ないでしょうけど、あの時の名誉騎士さん。
あの時のダークナイトは、私です。

category: ArcheAge_日常

thread: ArcheAge

janre: オンラインゲーム

Posted on 2013/06/09 Sun. 21:19  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

初めまして、しろいと申します!
私もAAのCBに参加します。オンラインゲーム経験浅いので、チャットに気を配れないって気持ちわかります^^
自分の操作にいっぱいいっぱいで気づけないこと多いです;
だから私の場合は喋るだけで済むボイチャのほうがいいなと思ってたんですが、確かによく考えたら、みんなやってるわけじゃないと操作+チャット+ボイチャで大変ですね^^;
特に隊長とかやる人はみんなに気を配らないとだからそのご苦労は計り知れない;

騎士同士の戦い、かっこいーなぁ♪
私はそうゆうの遠くから見学したいですw

それにしてもFPKっていうのあるんだ……自分がやられたら泣きますw

x+*しろい*+x #SFo5/nok | URL
2013/06/11 07:52 * edit *

Re: タイトルなし

>しろいさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

チャットでは伝わりにくいことも多いですが、
その伝わりにくさも含めて楽しめたら良いなぁと思ってます。

敵地の保護地域では先制攻撃出来ませんから、
こういう方法でPKしてくる輩もいると思うのでご注意を…w

アスタロト公爵 #- | URL
2013/06/11 13:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rosetea2013.blog.fc2.com/tb.php/30-eef951b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。