04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

【西ローマ】グランドキャンペーン第3夜 

AD404年秋

旧王国群の独立により
大陸領土の殆どを失った
東ローマ皇帝の一族はクレタ島に逃げ込み再起を図ったが

"サルマタイ"アラン族が海を越えてクレタ島へ侵入

20160529225115_1.jpg


ここに帝国の命運は潰えた。

この後アラン族はクレタ島を拠点に海路からイタリアへ幾度か侵攻したが

西ローマのシラクサ~レギウム~タレントゥムに至る要塞線は強固であり
侵攻はことごとく失敗

20160530225650_1.jpg

そして幾度目かの失敗の後
地中海にまで勢力を伸ばしたポントスによってクレタ島が陥落

王を失ったアラン族は霧散した。

東ローマが滅亡した事で、
旧王国群やペルシャ連合の矛先は
西ローマへ向けられた。

今や世界の殆どがローマの敵となった。
防衛戦争は更に熾烈を極めた。

攻め寄せる敵に対して
西ローマは国境の防衛線を更に強化した。

国境の主要都市では防衛軍が増員され
都市は要塞化が進み
都市と都市は長大な要塞線を形成した。

各都市同士は互いに支援が可能であり
帝国の四方八方から同時に攻め込まれない限り
持ちこたえることができた。

これは
ブリタニアにあったハドリアヌスの長城の防衛思想を更に大きくしたものである。

加えて、皇帝はイタリアを守護する傍ら皇帝直属軍を遊撃隊とし
帝国各地の都市への援軍に奔走

今やローマ帝国の全てが
石と鉄と人で成る巨大な城であった。

20160601201746_1.jpg


category: Total War: ATTILA

thread: ゲーム

janre: ゲーム

Posted on 2016/06/19 Sun. 22:11  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rosetea2013.blog.fc2.com/tb.php/116-c752ac88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。