03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ArcheAge紹介「他MMOとの違い」 

私がこのゲームをやりたいと思った理由は、皆が皆同じようにクエストを消化し、
モブを狩り続けボスを討伐しインスタントダンジョンを周回し…という既存のMMOではなく


家を建て畑を耕すだけのプレイヤーもいれば商人もいれば戦争屋もいれば海賊プレイヤーもいる(それがプレイスタイルとして成り立つ)


そんな自由な世界で自分達で相談して方針を定めてどこまでやれるかみたいな遊び方が出来れば凄く面白いんじゃないかと思ったからだ。


そんなわけで今回はアーキエイジとよくある既存のMMOとの違いについて紹介しようと思う。



■「生活型」であるところ


これまでの大抵のMMOではマイハウスだったりギルドハウスといったものは決まった場所に存在するものが多かったがアーキエイジでは自分達の家を広大なフィールド上の好きな場所に建てられる。

また家の種類も豊富で家具などの調度品もシムズのように細かくカスタマイズでき、まさに自分だけの家を建設することが可能だ。

家5

家3

家4

窓を開け閉め出来たり、灯りをON/OFF出来たりと細かい作りになっている。


また家畜を育てればミルクなどの副産物が得られる他、食肉にすることも出来、そうした食材をただ売るだけでなく塩や胡椒といったアイテムと掛け合わせて料理として加工するなど(多くのレシピが存在する)


1つ1つの作業がそれだけに留まらずに広がりを見せる。


生活スキルは農産に留まらず釣りや武器防具制作など多岐に渡るので
自分の家を利用して港の近くの料理屋とか、森の鍛冶屋とか、さすらいの行商人なんてロールプレイも可能である。


ただメインクエストを進めるだけの既存のMMOではなく本当にRPGの世界で生活している感覚を楽しめるのが本作の特徴の1つ。



■自由度の高さ


本作の自由度の高さは生産やハウジングだけでなく、あらゆるところに現れている。

例えばその1つが城。
既存のMMOでは一定の場所に城があって、定期的に攻城戦が行われ、
最終的に城を獲得したギルドが支配者となって税率等を決定できるというシステムが主流だった。


その点、ArcheAgeではプレイヤーが特定の地方で国を建国し、城を建造できる。
その土地に人々が家を建て、住むことで町が出来ていくのだ。


攻城戦もまたプレイヤーが建造した城で行われる。
最近のMMOでここまで出来るMMOはそうそう無かったように思われる。
自分達だけの国…漢なら何ともくすぐられる響きではないか。

ちなみに攻城側に雇われる「傭兵」防衛側として参戦する「義勇軍」といったプレイもシステム上可能である。


城を1つの例として挙げたが、領地や城に興味が無ければ全くそれと関わらなくともよい。
ArcheAgeには「こうしなければならない」という道は無い。

メインクエスト的なクエストもあるが必ずしもやる必要はないし、生産、モブ狩り、探検、おつかい…とあらゆる行動でキャラクターが成長する。
各々が考えたプレイスタイルでやっていけるわけだ。

道は自分で作る。そして各々のプレイヤーが作った数多の道が交じり合い、「世界」になる。
これはそういうゲームだ。



■選択肢の多さ


本作のストーリーを形成するクエストは2,700以上、10,000種類以上の装備・衣装、4つの種族(まだ増える予定)と120種以上の職業、6,000人以上のNPC、2,600種以上のモンスター

というから壮大なスケールだ。
既存のMMOにおいては同じ職業のプレイヤーは大抵同じ装備をしている光景がよく見られたものだがArcheAgeはその点選択の幅が広い。


そして選択肢の多さはプレイスタイルの多さでもある。
ArcheAgeでは農耕だけしていてもキャラクターが成長する。
なので生産メインのプレイをしていてもよいし、
MOB狩りやダンジョン攻略をメインにすることもできるし、
広大なフィールドや海を渡り歩いて貿易や探検をメインにしてもよい。
勿論対人メインの活動も可能であるし、極端な話、海賊になって犯罪メインの活動をすることも可能である。
また、衣装や家具の収集も楽しいだろう。



■総評


こうした自由度の高さ・選択肢の多さが他MMOとの決定的な違いと言える。
ArcheAgeではプレイヤーは世界を救う「勇者」ではない。
農民であり、職人であり、商人であり、旅人であり、盗賊であり海賊なのだ。


ライトに細々と遊ぶことも出来るし、
しっかり遊べば出来ることが膨大=やりこみ要素が強いゲームなので、


リネージュやAION、TERAといったゲームをやってきた人も
マギノビやどうぶつの森といったゲームをやってきた人も


幅広いプレイヤー層が楽しめる作りになっている。
筆者も早く遊んでみたいものだ。


このblogを見てくれている人が全国に10人もいるかどうかわからないが、
少しは興味をもって頂けただろうか?


少しでも楽しそうだと思って頂ければこれ幸いである。
スポンサーサイト

category: ArcheAge_日常

thread: ArcheAge

janre: オンラインゲーム

Posted on 2013/04/06 Sat. 00:02  edit  |  tb: 0   cm: 4  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。