04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

【西ローマ】グランドキャンペーン第15夜(最終回) 

12年に及ぶ激戦の後
皇帝ハビトゥス率いる遠征軍は小アジアをついに攻略し
シリア北端の都市アンティオキアに到達した。

シリア、パレスティナ、そしてエジプト、リビア
地中海帝国の完成において、後はこれらの地域を残すのみとなった。

しかし、もはや兵は疲れ切っていた。
この先に存在する敵はペルシャ連合の小国群などではない。

ヨーロッパとアジアにまたがる長大な防衛線を維持しつつ
東方の盟主サーサーン朝と剣を交える力は既に残されていなかった。

既に帝国の拡大は限界に達しようとしていた。

現実的な問題として帝国の西端
ガリア・ゲルマニア方面では
フランク族、サクソン族、デーン族といった蛮族がしばしば侵入を繰り返し
国境を脅かしていた。

20160723223738_1.jpg

皇帝ハビトゥスはアジアへの夢を捨て
ペルシャ連合に対し和平の使者を送った。

そして停戦が為ると、
蛮族征伐の為、軍を西へと向けた。

帝国西方の防衛を確固たるものにするには
祖父ホノリウスの代に失ったライン川西岸を奪還し、
更に海を渡ってブリタニアを拠点にしているサクソン族、フランク族に打撃を与える必要があった。

AD480年秋
ローマ帝国軍4個軍団は属州ベルギカへ侵攻
ブリタニアへの補給路を分断した後

翌AD481年
雪解けを待ってブリタニア上陸を開始した。

兵は東方での長き戦いで疲れており、
決して士気は高いとは言えなかったが、
西方の蛮族は、
重装備で戦術に長けた東方の軍隊に比べれば、
組み伏せやすい相手であった。

ローマ軍団は、そこからわずか3年でライン川西岸地域と、
ブリテン島の南半分を完全に制圧。

20160726225624_1.jpg

そしてこの戦いが、ローマ帝国の歴史における最後の拡張となった。

AD395年に東西に分裂した帝国のうち
経済的に発展していた東帝国はフン族の侵入によって混乱し
その混乱に乗じて帝国内の旧王国が次々と独立を宣言
帝国に反旗を翻した。
結果、混乱を収めることはかなわず、数年の後に滅亡した。

西帝国は、ゲルマン人やノルマン人の侵攻を受けつつも
イタリア・ガリアで踏みとどまって国力を蓄え
後に失地の殆どを回復。
更にギリシャ人や、東方の国々との戦いの末に
旧東帝国領の約半分を併合し、東西帝国の再統一を果たした。

20160726225449_1.jpg


第二次パクス・ロマーナの訪れ

この後世界は
ローマ帝国とサーサーン朝という二大国の均衡の下
時に小競り合いを繰り返しながらも、およそ150年の平和を保つ。

20160726225504_1.jpg

アラビアの砂漠から、三日月の旗を掲げた軍勢が現れるその時までは。
スポンサーサイト

category: Total War: ATTILA

Posted on 2016/09/22 Thu. 23:48  edit  |  tb: 0   cm: 0  

【西ローマ】グランドキャンペーン第14夜 

征服帝ルクルスの国土回復政策によって
東西分裂以前の広大な領土の7割方を回復したローマ帝国は、
皇太子デキムス・クルティウス・ハビトゥスによって継承された。

20160717184113_1.jpg

皇帝となったハビトゥスは父の遺志を継ぎ
ローマ帝国領土の完全回復を意図したが
ここにきて、帝国の膨張には限界が見え始めていた。

AD468年春
エジプト攻略の為
リビアへと侵攻した2個艦隊と3個軍団が
サーサーン朝陸海軍に惨敗した。

無敵であったはずの海軍は「ギリシャの火」によって焼き払われ
百戦錬磨を誇った陸軍は、ペルシャ伝統の巨大な戦象によって蹂躙された。

20160717014031_1.jpg

勝利の勢いに乗り攻め寄せたサーサーン朝軍を
北アフリカの都市マコマデスで食い止めることには成功したが
これ以降、アフリカ方面軍は防戦に回ることを避けられず
南方での攻勢は頓挫した。

一方、帝国の東方
小アジアでは皇帝ハビトゥス率いる東征軍が
ペルシャ連合のアルダン、アリア、ラジカといった小王国群を相手に
多大な犠牲を払いつつも、軍を進めていた。

コンスタンティノポリスの防衛上
対岸に位置する小アジアは必ず押さえておかねばならない土地であった。
小アジア攻略は12年の歳月をかけて行われた。

category: Total War: ATTILA

thread: ゲーム

janre: ゲーム

Posted on 2016/09/08 Thu. 22:02  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雑記-MMOにおけるギルド間外交について 

雑談というか雑記です。

私はその昔、リネージュ2というMMOのジグハルト鯖でプレイしてました。
もうおそらく5年以上前になるかと思いますが…

私がプレイしていた頃のジグ鯖というのは
全12くらいあった日本鯖のうち
最も秩序的と言われ、他鯖からの移住者が多かった鯖でした。

秩序的と言われた所以は、
一般プレイヤー同士の争いというのはかなり限定的で、
血盟戦は対害、対不正くらいでしか起こらず、
また一般プレイヤーによるそれらの排除活動が盛んであった為かと思われます。

そのジグ鯖も、現在は一般同士の血盟戦が起こるほどに混乱しているようです。

際立った害、不正者(中華業者とあからさまに繋がっている不正ユーザーの集団など)という
"わかりやすい共通の敵"が居なくなると、
好戦的なプレイヤーの中には、利権等が被る他プレイヤーを挑発する者が現れたり等、
一般プレイヤー間での火種は生まれやすくなるのかもしれません。

ツイッター等で知り合いから何となく経緯は伝わってくるのですが、
当事者ではない為そのあたりへの言及はやめておきます。

私にとって関心があるのは、5年も経過して尚、
当時からあった戦争連合(戦争血盟の集合体)がそのまま存続していること…も、勿論驚きに値することですが、
更に驚かされるのは、そのような混乱した状態にあっても一定の外交らしきものが行われていることです。

リネ2引退から数年を経て移住したArcheAge(K鯖東勢力)での、
自分達を取り巻く環境ではそういった、筋書のある外交が殆ど起こりませんでした。

(リネ2でいう血盟はArcheAgeでは遠征隊と言いますが、
私は小規模ながら遠征隊を組織していました)

初期には、勝手に遠征隊メンバーを攻撃してきて
「話し合いたくありません」と言った挙句そのうち自壊してしまった大手遠征隊をはじめ、
やりとりの途中で返信すらしてこなくなる遠征隊長なども居ましたし、

数ヶ月前には争いになっていた某有力遠征隊(今もそうなのかはわかりません)との停戦を話し合う場で、
実際にこんなやり取りもありました。

うち「敵対との戦闘に直接介入するのは勿論、敵対している人をあなたの遠征隊に入れないで下さいね」
相手「わかりました。そちらも争いに関することを今後蒸し返さないで下さいね」
うち「了解です。じゃあこれで合意ですね。停戦しましょう」
相手「わかりました」

勢力チャットで停戦を発表
数日後、その遠征隊が敵対を遠征隊に入れていることが発覚。

うち「どういうことですか?」
相手「領地防衛の為と、報酬としてアイテムを取らせる為に一週間くらい入れました」
うち「せめて一言くらいあってもよかったのではないでしょうか(内心、…)」

という具合に、中身も成果も無く、とても外交と呼べるようなものではありませんでした。

相手遠征隊の所有物である領地防衛の都合などこちらには何の関係も無いことですし、
あまりに都合のよい約束違反で、
その時の私の感情としては、"呆れ"に近く、
同じようなやり取りを繰り返すのがもはや面倒になってしまったので、
その問題はそれっきりでした。

そういう人達と以降仲良く遊びたいかと言われると…そんなはずはなく。

MMOというジャンル自体が現在は下火であり、カジュアルゲームが流行している状況ですが
プレイヤー間の関係までカジュアルになりつつある、ということなのかもしれません。

ArcheAgeはもう家の維持くらいしかやっていませんが
次に何か腰を据えてMMOをプレイする機会があれば、もう少し外交とか対話が機能する環境であることを願うばかりです。

category: その他

thread: ゲーム

janre: ゲーム

Posted on 2016/08/24 Wed. 00:23  edit  |  tb: 0   cm: 2  

【西ローマ】グランドキャンペーン第13夜 

先にコンスタンティノポリスへ入場したのは
ペルシャ連合軍の先鋒アルダン王国軍であった。

しかし、数日の後
遅れてコンスタンティノポリスへ辿り着いたローマ帝国軍は
未だ占領体制の整わぬアルダン王国軍を陸海から攻撃

20160711014614_1.jpg

ローマ軍海兵が港への上陸を開始すると
アルダン軍守備隊は降伏し
第二のローマは再びローマ帝国の手に戻った。
軍団は市民から歓喜をもって迎えられた。

20160711184941_1.jpg

この美しき都は約100年の間に、東ローマ帝国からダキア
ペルシャの同盟者アルダン王国
そして西ローマ帝国へと支配者が移り変わる中でも
その輝きを失うことはなく、
東方世界への入口であり、
戦略的要衝であると同時に東西交易の中心であり続けた。

ローマ帝国にとって
ローマとコンスタンティノポリス

この二つの都市を所有するということは、
分裂した帝国が再び一つになったことを意味していた。

AD466年冬
帝国の再統一を成し遂げた皇帝セルウィウス・ファビウス・ルクルスは
エジプト遠征の為、アフリカに戻ったが
北アフリカの都市マコマデスで病に倒れ、偉大なるその生涯を終えた。

20160717005035_1.jpg

category: Total War: ATTILA

thread: ゲーム

janre: ゲーム

Posted on 2016/08/20 Sat. 21:24  edit  |  tb: 0   cm: 0  

【西ローマ】グランドキャンペーン第12夜 

サーサーン朝ペルシャ帝国

20160514001917_1.jpg


大国パルティアを滅ぼしたその帝国は
アケメネス朝ペルシャの再興を掲げ

東方の数多の小王国を従え
または同盟によって
着実にその勢力圏を広めてきた。

4世紀末から5世紀初頭
フン族の侵入によって
東ローマ帝国が弱体化すると

小アジアのポントス
シリアのパルミュラ
そしてエジプトといった旧王国群が次々と独立を宣言したが

サーサーン朝を中心としたペルシャ連合軍は
独立間もないそれらの国々に攻め入り
滅ぼした。

以来シリア、エジプトといった豊かな地方はサーサーン朝が
小アジアやアラビア半島などは同盟国によって統治されていたが

ローマ帝国のバルカン半島侵攻によって
小アジアの西半分を支配する
ダキア、マケドニアが弱体化すると

ペルシャ連合軍は直ちに西方に向けて進軍を開始
小アジアの西半分を掠め取った。

東西大国から挟撃される形となったダキア、マケドニアは為す術もなく崩壊

東進するローマ帝国軍と
西進するペルシャ連合軍は
コンスタンティノポリスで衝突した。

20160711015227_1.jpg

category: Total War: ATTILA

thread: ゲーム

janre: ゲーム

Posted on 2016/08/06 Sat. 18:46  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。